ミラノのメインから歩き回り10命中程度の行程にあります。

ミラノで城塞として知られている「スフォルツェスコ城」。
14世紀のイタリアでミラノを支配していた一族の居城を改築した城です。
今、城の中は「市立美術館」となっています。
見学は補助になっています。
城の見学って美術拝見が同時にできるので、イタリア旅立ちの絶頂地方となっています。
市立水族館もあります。
ミラノの主役から駆け抜け10命中程度の距離にあります。
ドゥオモ前に芽生える広場を通り、「Via Mercanti交通」を抜けて、「Via Dante交通」へ行きます。
石畳みがきれいな整備された町並みにでます。
針路の両側にはおしゃれな店頭が並んでいる結実、ディスプレー奪取を楽しみながら歩いているっていきなり目の前に望ましい塔が見えてきます。
それがスフォルツェスコ城です。

前には塔がそびえていて、お城の周囲には歩廊が巡っています。
レンガ積みされた城壁は迫力があります。
その事実、レオナルドラヴィンチもお城の装飾に携わっていたそうです。
姿は中世の堅固な要塞といった身なりです。
中は広くてまぶしい中庭があり、城内には制約に装飾があります。

城の裏側には「センピオーネ公園」があります。
広い公園で地元のやつがタラタラ散歩したり、ジョギングしたりしてある。

<開館マガジン>
・休館日光が月曜日。
・9景色から17景色なかばまで開館。
・入場お金は城は補助、ミュージアムは5.5ユーロ。

<展示されてかかる主な作品・長所>
・レオナルドダヴィンチが装飾を行ったという「アッセにわたり」。
・ミケランジェロの「ロンダニーニのピエタ」。
その他に彫刻、工芸もの、ウエアなども展示されていらっしゃる。
美術館の他に考古学ミュージアム、楽器ミュージアムもあります。

ヴェネツィアの絶頂名勝にもなっている「サン・マルコホール」。
その広場の西側における美術館です。
広場から外へ伺うアーケードの右に突破口があります。
名勝からすぐ近くということもあり、イタリアを訪れた見物人が多く訪れます。
新行政官の建物の2階って3階領域が美術館になっていて、多くの美術作品や歴史的文書が展示されて来る。
2階は年齢館になっていて、3階は絵図館になっています。
ヴェネツィア人の古来の身の回り、風俗を知ることができます。
当時使っていた家具なども在るので、一生振りが決してわかります。

日本からイタリアへ行くメニューもオプションとして、サンマルコホールで確認塔に押し込める入場チケットってコッレール美術館、国立考古学ミュージアムがフルセットになったものがあります。
アラーム塔へ入ると、内側から複雑なアラームの仕組みを見ることができます。
アラーム塔はヴェネツィアの街路を500瞬間以上ものボリューム見守ってきました。
街路のシグナルです。
限られた拍子の中で効率的に観光するためにも、スムーズに入場やれるアタッチメントを事前予約しておくことをおすすめします。

<開館マガジン>
・9景色から19景色まで(冬期は17景色)。
切符の売り込みは閉館1拍子なかばさっきで終える。
・入館お金は9ユーロ、教え子は5ユーロ。

<展示されて加わる主な作品>
・アントネッロ・ダ・メッシーナの「ピエタ」。
・カルパッチョの「ヴェネツィアの二人の夫人」。
・ガレー船の模様、古地挿図。
・中世の硬貨。